必要な道具

走ったり腹筋したりと、自分でトレーニングを組むこともできますが、道具やジムに通えばより美しい細マッチョになれます。筋トレに役立つ道具としては健康食品やダンベルなどがありますが、金額を確認して利用しましょう。

» 詳しくはこちら

理想の人

筋トレをするのであれば、目標があれば努力しやすいです。そもそも細マッチョの基準とは人それぞれ違いますが、代表的な例としてはやはりボクサーが挙げられます。腹筋の割れ方や細さが魅力です。

» 詳しくはこちら

理由の変化

筋肉をつけるといえばスポーツに必要な筋肉をつけるというのが目的で、筋トレもスポーツに特化したものが主流でした。しかし、今はファッション的な感覚で見た目を良くし細マッチョになるための筋力強化の方法が提供されています。

» 詳しくはこちら

スレンダーなマッチョ

プロレスラーなどは筋肉も分厚く、体に厚みがあります。それは同時に脂肪もついているからです。しかし、細マッチョになるためには糖質や脂質を制限し、体を絞りながら筋トレを行なう必要があります。

» 詳しくはこちら

おしゃれに必要な身体

女性に人気の体型

男性にとってどのようにすれば異性に注目してもらうことができるのか考えることが多いのですが、多くの女性はスラリとした身体の細マッチョ男性を好むことが多いのが特徴です。
特に夏などの薄着になることが多い時期は特に自分の身体を意識しなければいけません。だらしない身体の男性は女性に幻滅され、男性として見てもらうことができませんので気をつけなければいけません。
お腹や腰回りなどを鍛えながら細マッチョを目指しましょう。努力をしない男性に女性が言い寄ってくることはありませんので、注意が必要です。

トレーニング時の注意

身体を鍛えることで異性にモテる身体を作り出すことができるのですが、鍛える時は筋肉を付け過ぎないように心がけながら筋トレを行なわなければいけません。筋トレをやりすぎてしまいますと、筋肉がつきすぎてしまい細マッチョどころかムキムキのゴリマッチョになってしまう危険性があります。プロレスラーのようなゴリマッチョになってしまいますと一部の女性にしか注目してもらうことができません。
細マッチョになるためには筋トレばかりをするのではなく、ランニングなどの有酸素運動で脂肪を落としながら効率的に筋トレを行なうことが大切です。
どのようにすれば女性に注目してもらうことができるのか考えながらトレーニングを行ないましょう。
筋トレをやりすぎてしまわないように適度に身体を鍛えることが大切です。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加